治療以外の解決策

体育座り前述で述べた医療機関以外での解決策について説明します。場合によっては、残った傷跡が原因になって、友人や異性との人間関係が悪化したり、人間不信に陥ったりすることもあり得ます。それらの問題を解消するために、傷あとの治療が有効に機能する可能性はあります。

ただ、それほど目立つキズではないにもかかわらず、人目を気にし過ぎて、自意識過剰になるあまり、疑心暗鬼におちいっているケースも少なからず見受けられます。そのような問題は、外的な治療をほどこすのではなく、気の持ち方を変えるなどの方法によって解決する可能性もあります。例えば、残った傷跡を隠したり、恥ずかしく思ったりするどころか、みずからの武勇伝を語る際に、見せびらかすような人も存在します。また、傷あとがあるという理由で評価を下げるような人は、意味のないことを気にしてしまう愚かな人間であると考えて、こちらから付き合うことを願い下げるという選択肢もあります。

また、傷あとの治療方法や、治療を受ける医療機関などにはさまざまな種類があります。それらの内、選択する方法や機関によって、掛かるコストも変わってきますので、経済的な事情も考えた上で判断を下すことが求められます。例えば、ホームケアであれば、比較的費用は安くて済むでしょう。